延期を経て迎える結婚式への想い

こんにちは、nae.ATELIER 東京店の森田です。
いつもお読みいただきありがとうございます。

暖かく 過ごしやすい日が 増えてきた最近、
延期を経て、一年越しの挙式を迎える ご新郎ご新婦さまが多くなってまいりました。
延期を経て 挙式のお日取りが伸びたぶん、
ご新郎ご新婦さまと長くお付き合いさせていただくことも多くなり
最終フィッティングの後のお見送りの際や、
お衣裳をお式へと送り出す際は「いよいよこの日が来たんだなあ」と感慨深くなります。

そして、フィッティングのたびお会いする、 
ご新郎ご新婦さまの「夫婦のかたち」も
コロナ禍での挙式準備を通し 共に悩み 歩まれていく中で、
おふたりの絆が より強固になっていくお姿を感じ、
改めて、おふたりが手を取り合って歩んでいくこれからのはじまりとして
結婚式をすること の意味の深さを私も感じています。

コロナ禍で行う結婚式は、本来イメージしていた結婚式とは少し違う形かもしれません。
それでも今は、大切なご家族やご友人と会える機会が減っているからこそ
「大切な人と同じ時間を過ごすことのできる大切さ」を
改めて感じることのできる機会 であるとも思います。

お式を終えたお客様からは、
ゲストの方に
『久しぶりに会って話ができ、一緒にご飯を食べることができる、
そんな時間が久しぶりで、忘れられない時間になりました』
と、言ってもらうことがあったそうで、
コロナ禍での結婚式、大変なことばかりじゃない、
たくさんのゲストの方の心に残る式になったんだなと嬉しくなりました と仰っていました。

どんどんと結婚式のかたちが変わっていく今、
ご新郎ご新婦さまにとって、大切にこころに刻まれる日となるよう
私たちスタッフが全力でサポートさせていただきます。
ご不安なこと、お悩みになっていることがあれば、是非スタッフへご相談くださいね。
東京店・大阪店 両サロンにてご来店を心よりお待ちしております。

nae.ATELIER 東京店
森田