わたしがここで働く理由

こんにちは。
nae.ATELIER 東京店の森田です。
いつもお読みいただき ありがとうございます。

今日は、タイトルにもあるように
私 森田が nae.ATELIER のどんなところに魅力を感じ、
ここで『はたらきたい』と強く思ったのか。
その訳を綴っていきたいと思います。

以前の記事や インスタライブでも少しお話させていただいたことがあるかと思いますが
私は以前、別のウエディング衣装の会社に勤めていました。
充実した仕事や仲間には恵まれていたものの、
年齢的にも節目を迎える間近、
今の このタイミングで、
自分自身のスキルをもっともっと伸ばしたいと思うようになりました。

nae.ATELIER のことは、以前から知っていて
たくさんのドレスを間近で見てきた私が驚くほどの、
潔い シンプルなデザインのドレスたちが並び、
けれど その中には、
デザイナーのドレスへ懸ける思いや ドレスひとつひとつに施された細かいこだわりがつまっている。
そんなドレスと、
nae.ATELIER というブランドを 憧れの存在のように思っていました。

そんなとき、目に止まったnae.ATELIERの求人募集。
nae.ATELIERでは、デザイン・生地選び・パターンの修正といったドレスを作る過程から、
ご新郎ご新婦様へのご案内、
そして挙式前のメンテナンスや 会場へのお届けまでを一貫して行っていることを知り、
社内で 行っていることの幅の広さに驚きながらも
もし自分がここではたらくことができたなら、
今までの仕事のスキルを生かしながら
それ以上に さまざまな力量が試される、
きっとスキルアップができるはず、とも思いました。
丹精込めて作り上げたドレスを、自分自身が伝い手となり、ご新郎ご新婦様へ届けることができる。
自分がここではたらくことを想像し、『やってみたい』の一心でした。

その後、面接の機会を重ね、採用してもらえることが決まったときには
信じられない気持ちでした。
入社して2年が経ちましたが、
今こうやってnae.ATELIER の一員としていられること、
そして たくさんのご新郎ご新婦様とお会いでき、
お手伝いをさせていただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。
今振り返れば、あのとき転職を決心して そして行動してよかったなあと心底思います。

2021年も、一組でも多くの ご新郎ご新婦様にnae.ATELIER の良さをお伝えしていけるよう、
そして 結婚式がよりよいものとなるよう、
精一杯お手伝いをさせていただければと思っております。

nae.ATELIER
森田